薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】

薬剤師転職エージェント沖縄TOP >> 沖縄の薬剤師FAQ >> 沖縄の薬剤師の給料は高い?

沖縄の薬剤師の給料は高い?

沖縄県は全国の都道府県のなかでも、最も薬剤師が不足しているエリアです。したがって薬剤師不足が深刻化しており、年収700万円など高待遇の求人も多くみられます。しかし、那覇市など人口が多いエリアでは薬剤師はそれほど不足しておらず、年収は全国平均よりも低め。沖縄県全体で見た薬剤師の収入は、他府県に比べて特別高いというわけではありません。また沖縄県で働く薬剤師の給与は、働くエリアや職種、その人のキャリアなどによって左右されるので、求人募集条件をしっかりと確認して応募先を決めましょう。

職種別の求人募集情報をみると、病院や調剤薬局からのものが目立ちます。ドラッグストアの求人は少なめです。給与の相場は年収で400〜600万円程度。離島などでは700万円での募集もあります。特に管理薬剤師などマネジメントができる薬剤師は、優遇されやすいのも特徴です。また派遣社員やパートで働く場合も、時給3,000円以上の求人が多く、高めといえるでしょう。沖縄県の薬剤師求人数は豊富です。さまざまな求人から、希望する条件に合った求人が見つけやすいのが特徴です。さまざまな角度から求人条件を比較検討し、自分にピッタリの職場を探しましょう。

ただ、給与が高い職場は離島など、交通の利便性が低いのがネックとなります。さらに昔から住んでいる高齢者も多く、地域密着型のサービスが求められます。都会では隣の住人が誰なのかも知らないという例も多く、近所付き合いが希薄です。しかし沖縄の離島などでは狭いエリアで同じ人と、頻繁に顔を合わせます。患者さんとしっかりとコミュニケーションでき、近所付き合いも苦にならない人が向いているといえるでしょう。

離島ではなく沖縄本島では、主な移動手段は車です。車の免許がないと、移動手段がバスやモノレールなどに限られるので、非常に不便です。

また、他県から沖縄に移住して薬剤師として働くなら、引っ越しを前提に就職することになります。給与などの諸条件はもちろんのこと、どの地域で働きたいのかや、その地域の気候風土など、沖縄県についても十分に下調べしてきましょう。沖縄は自然が豊かで、風光明媚な土地ですが、旅行者として沖縄を体験するのと、実際に暮らしてみるのとでは感じ方が大きく異なることでしょう。沖縄に移住したけれど失敗だったということのないように、事前に何度も沖縄に足を運んで、土地の風を感じましょう。引っ越し準備などもありますから、何事も早め早めに準備することも大切です。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】 All Rights Reserved.