薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】

薬剤師転職エージェント沖縄TOP >> 沖縄の薬剤師FAQ >> 沖縄の薬剤師の移住サポートは?

沖縄の薬剤師の移住サポートは?

沖縄県の薬剤師として働きたい人の中には、県外の方もいらっしゃることでしょう。薬剤師に限らず、過ごしやすい環境の沖縄への移住を希望してIターンやUターンを実現させる人が増えています。

2017年に沖縄振興開発金融公庫が実施した調査によると、沖縄への移住希望者はIターンまたは、沖縄と本土の2つの地域に居住して行ったり来たりしたいと希望する人が多いことがわかりました。Iターンを希望する人が若い世代が多く、2地域居住は40代以降が目立ちます。

また調査から、沖縄県へ移住するに当たって最も不安に感じることのトップが、「仕事の確保」であることもわかりました。このほか「医療・福祉」、「買い物など日常生活の利便性」、「収入が減る可能性」、「移住先の人間関係」なども不安の上位となっています。

特に仕事の確保は生活していく上での基盤ですから、多くの人が不安に感じています。沖縄県では薬剤師が不足しているので薬剤師の求人は多く、条件の良し・悪しはありますが、移住しても就職先に困るということはまずありません。仕事の確保については、それほど心配しなくてもよいでしょう。

住宅や医療、子育てなどの支援も行われています。沖縄県がIターンやUターンなどを行いやすいように、民間団体に委託して行っている事業に、沖縄県移住定住促進事業委託業務があります。この事業では住宅探しの情報や病院検索、保育園を増やすなどの子育て支援、就職相談など、さまざまなサポートが行われています。また、移住前に地域に溶け込めるか心配な人のために、短期間の体験活動などの提供も行われています。

沖縄県に移住して薬剤師として働くなら、これらの支援活動を上手く活用しましょう。沖縄県はのんびりとした地方ですが、行けば何とかなるというものではありません。いきあたりばったりに行動すれば、失敗します。

まずは、なぜ沖縄に移住したいのか、なぜ沖縄で薬剤師として働きたいのかを、改めて考えてみましょう。そして、沖縄での暮らしでこれは譲れないという条件をリストアップしてください。釣りがしたい、ダイビングがしたい、田舎でのんびり暮らしたい、買い物の便が良いところなど、沖縄移住ではずせない条件は十人十色しょう。自分にとって何が必要なのかを把握するためにも、チェックリスト作りは重要です。

沖縄に関する自分の希望や条件を確認したら、それらを満たすために必要な情報を集めましょう。どのような気候なのか、どのような風習があるのか、医療機関や子育て支援施設など、さまざまな情報を集めてください。そして、わからないことは沖縄の地方自治体の窓口や、沖縄県移住定住促進事業委託業務の窓口に問い合わせてみましょう。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】 All Rights Reserved.