薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】

薬剤師転職エージェント沖縄TOP >> 沖縄の薬剤師求人探しの基礎> 沖縄の訪問薬剤師の求人

沖縄の訪問薬剤師の求人

超高齢化社会となり、在宅で看護や介護を受ける高齢者が増えています。訪問薬剤師はこのようなお年寄りの自宅に訪問し、薬の管理指導を行うのが主な仕事です。

主に薬局や病院がサービスの一つとして行っており、定期的にお年寄りの自宅や高齢者施設を訪問して薬の管理やアドバイスなどを行います。これらの管理やアドバイスは、医師または歯科医師の指示のもと「薬学的管理指導計画書」と呼ばれる書類を作成し、この計画書に基づいて薬剤師が管理指導を行います。逆に、薬剤師が利用者の状況を観察して、医師や歯科医師に情報を提供し、訪問薬剤師の必要性を提案することもあります。

では、訪問薬剤師は具体的にはどのような仕事を行うのでしょうか。訪問薬剤師はさまざまな役割を担っていますが、主な役割は次の9点です。

第1は、患者さん一人ひとりに適した調剤を行うこと。医師の処方箋に基づいて、一包化や無菌調剤、懸濁法など、状況に合わせた調剤を行います。がんなどの終末医療を受けている患者さんの場合は、麻薬を扱うことも多く、責任の重い仕事となります。第2は、調剤した医薬品やその他の商品を患者の自宅にお届けする業務です。第3は、薬の飲み合わせについての確認。

第4は、服薬する薬について、効果服用時の注意点、服用方法などの説明を行います。お年寄りの中には上手にものを飲み込めない人も多いので、そのような場合でも飲みやすいよう配慮する必要があります。

第5は、おくすりの服薬方法や保管についてのチェックです。正しく服薬されているか、もっと薬を飲みやすくする方法はないかなどを考えると同時に、お薬カレンダーなどを使って、飲み忘れや飲み間違いを予防し正しく薬を管理できるよう支援します。

第6は、副作用などが行っていないかの観察です。第7は、担当医へ患者さんの状況を伝え、最適な処方の提案です。

第8は、残っている薬の管理です。薬の飲み忘れなどで処方された薬が残っていると、薬の飲み間違いや飲み合わせなどによる体調悪化を引き起こす原因となります。このようなことが起こらないようにしっかりと、残薬を管理します。また、麻薬を服用している場合は、特に薬の管理と廃棄処分に関して、厳重に行う必要があります。

第9は、ケアマネジャーなど福祉関係者との連携です。患者さんに対する情報の共有や、介護スタッフに薬の正しい知識をアドバイスするのも、薬剤師の仕事です。

沖縄でも在宅で介護を受けながら療養する高齢者が増えています。訪問薬剤師の重要性はますます高まっていくでしょう。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】 All Rights Reserved.