薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】

薬剤師転職エージェント沖縄TOP >> 沖縄の薬剤師求人探しの基礎> 短期okの沖縄の薬剤師求人

短期okの沖縄の薬剤師求人

日本有数のリゾート地である沖縄は、暖かい気候と豊かな自然のなかでの穏やかな暮らしを求めて、他県から移住を希望する人が多い人気のエリアのため、薬剤師の需要も高くなっています。長期移住は何かと大変ですが、薬剤師の資格があれば沖縄で短期間だけ働いて、憧れのリゾート地での生活を満喫することも可能です。

短期でも働ける薬剤師は非正規社員として働くことになります。したがって福利厚生が受けられないケースが大半ですが、人手不足の職場では時給が高めに設定されていることもあり少なくありません。しかし薬剤師のパートやアルバイトでは、求人先は少しでも長く働いてほしいと考えていもます。短期でもOKの募集は少ないので、根気よく探してみましょう。

少しでも高待遇を求めるなら、派遣会社に登録することをおすすめします。派遣会社に沖縄県那覇市など希望する勤務地や時給、希望する仕事内容など必要事項を登録すれば、希望する条件に近い求人を紹介してくれます。

時給もパートよりも比較的高く、パートでは求人が時給2,100円のばあいでも、派遣では時給3,200円で募集するなど、高額の求人が目立ちます。そして派遣会社から何度も派遣されて実績を重ねれば、一般より高額案件や条件の良い求人を紹介してもらいやすいのも魅力です。さらに、派遣先で活躍すれば正社員として採用されるケースもあります。

しかし、派遣で働くのですから正社員とは待遇が異なります。研修が受けられない、福利厚生が適用されない、交通費は自分持ちなど条件面が厳しい場合が大半です。

また、一般的な派遣業務では、勤務期間は短期でも数か月以上と決められています。1か月以内など超短期で働きたい場合は、単発派遣やスポット派遣を探してみましょう。

単発派遣またはスポット派遣とは、最短で1日からの勤務が可能な短期間だけ雇用する派遣業務です。最短で1日、長くても2か月程度までの契約で働くのが一般的です。

ここで注意しなければいけないのが、実は法律で30日以内の短期間の派遣勤務が禁止されていることです。ただし、次の4つの条件のうち、いずれかを満たしていれば、単発派遣やスポット派遣として働くことができます。

その4つの条件とは、1つ目が本業があり年収が500万円以上であること。2つ目が世帯主ではない主婦などで世帯収入が年500万円以上であること。3つ目が、65歳以上であること。4つ目が学生であることです。これらの条件のうち1つでも満たしているなら、高収入の単発派遣やスポット派遣を活用も検討してみましょう。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人沖縄ランキング【沖縄に強い転職エージェント比較】 All Rights Reserved.